ヒアルロン酸と加齢

ぢわ人間にとって重要なヒアルロン酸なのですが、加齢によってどんどん減少していくことが知られています。体内に存在するヒアルロン酸は40代の後半から減少していきます。そして、70代になると赤ちゃんの頃に比べるとわずか1/5しか含まれなくなってしまうのです。そのため、中高年になったならば、意識的にヒアルロン酸を補うための行動を取らなければいけないのです。そうしないとどんどんヒアルロン酸が失われてしまうでしょう。

体内でヒアルロン酸が合成されなくなってしまうために、加齢によって減少してしまうのです。その影響は皮膚に最も多く出てしまうでしょう。赤ちゃんの肌といえばとてもみずみずしいものを想像するでしょう。しかし、高齢者の肌というのはみずみずしさが失われています。これは水分を保持するための能力がなくなっているからです。肌だけではなく、ヒアルロン酸が少なくなっている影響は他の部分にも生じてしまいます。たとえば関節や目にも影響が出てしまうのです。

したがって、加齢によるヒアルロン酸の減少は健康にまで影響を与えてしまいます。しっかりとヒアルロン酸を補う必要があるでしょう。そうすることで加齢による影響から逃れることができるのです。


Comments are closed here.